diablo3のオープンβまとめ

記憶が薄れないうちに報告しておこう。

誰に?

ディアブロはcoop主体なので、ここをみた誰かが
ぼっちゲーマーのぼくと一緒にプレイしてくれるとうれしいな
という試み。おそらくそれは無碍に終わるのでしょう。



____________________

ところでDiablo3とはなんぞや。という方のために
しってるうちで簡単に説明しますと
世界でNintendoを退けてもっとも大きい会社である
BlizzardEntertainment(通称ブリ)の顔タイトルのひとつ。

ハクスラ(ぶっ殺して装備拾ってその装備でぶっ殺して・・・)
というジャンルの初代にして王道。
Battle.netという独自の鯖上で協力プレイが可能で、
オンラインCOOPという概念を生み出したのもこのゲームらしい。
(MMOとはまた別で)

3の開発期間は・・・4年とか7年とか10年とかいわれている。
様々な紆余曲折を得て、とうとう来る5月15日に発売されようというので
こりゃ時間のあるうちにやらざるをえんわ!


____________________

とまあ前置きが長くなった
以下体験日記


まあ、結論からいうと
とにかくプレーヤーにストレスを感じさせないつくりになっている。

ありとあらゆる要素が、従来のシリーズとだけでなく、
他のオンラインゲームと比べてもスリムアップされ
まるで昨今の廃人育成ゲーに対するひとつのアンチテーゼのようにとれる。


Screenshot007.jpg

おお、なつかしの血風漂うトリストラム。
ではなく、ここはそのお隣の町、New Tristram。

Oβの範囲のお話をざっとかいつまんでいうと、
なんか空から隕石が降ってきたせいか
そこら中にゾンビがあふれてるよ!たすけて!という感じ

どうやらTristramのかつての暗君が
謎の隕石の魔力によって、死の軍勢を引き連れ復活を遂げたようだ。
ふーむ、つまりそいつを殴って殺せ、と。あい判った!
すべてはこの馬場に任せておけい!



Screenshot005.jpg

今にも地図から名前を消しそうな、絶体絶命都市・Tristram
その界隈に、洋ゲーでは貴重な美少女を発見。
ほほう、田舎の花とは思えぬ。ふむ。Learちゃんか。ふむふむ。

なにい!?デッカード・ケインの姪・・・・・・・?!?
ひ孫とかでなく??

主人公はどうやら、この子のおじであるケインに用があったらしい。
ケインは、前作では人類にして地獄の淵まで行ったことのある男で
趣味は拉致監禁(される方)。
その博識たるや、前作においても多くのプレーヤーに
「とりあえず何をすればいいかだけ教えてくれ」 と言わしめたほどである。
法螺ドリムだかいう集団の祖先にして唯一の生き残り。
他のホラドリムは全員狂って死んだ



ほね

そんなわけでバーバリアン・FxxkinBoyは戦場へと旅立ったのだ。

『小汚い骨どもめ。順番にへし折って卑猥なビートを刻んでやるぜ』


しかし、なんでこんなに骨をぶん殴ってるだけで楽しいんだぜ。
ずっと殴ってたくなる!
リープ!殴る!リープ!殴る!殴る!
たまに鎖で相手をつかんでーまた殴る!
これだけなのにやめ時を忘れてしまう。


____________________

diablo3では、キャラの育ち方はジョブ毎に完全に決まっていて、
プレーヤー毎の幅をきめるのは装備のみ。

そもそも、キャラビルドという概念を生み出したのは初代diabloで
後続のネトゲたちは皆これをパクったことになるんだけど

育てる楽しみは減ったが、育成方針を間違えて絶望とかダルくね?といわれればそうだし
振りなおしとかするなら、いっそ振らなくてよくね?というのも、ごもっともだ。

ショートカットに入れられるスキルは6つだけなので、
どれを組み合わせて使うか、の選択が事実上ビルドにあたる。
スキルの入れ替えは若干のディレイを伴うので
とっさに切り替えることはできなくしてある。


戦闘でのHPのやりくりはシンプルになった。
基本、敵が落とすオーブ(その場でHPが回復する)で体力をやりくりする。
POTはリチャージが必要で、あくまで緊急時用。


ところで、マナはどこに?
なんかマナの代わりに黄色い玉があるんだけど・・・??
マナはそう、無くなった。

代わりに、それぞれのジョブに対してFuryだのHatreという
必殺技ゲージのようなものがあり
通常攻撃するたびにこれがたまっていくので
そのゲージを消耗して大技を撃つ、という感じに。
あるいは、リチャージ時間で何回も打てる技もある


Screenshot021.jpg

アイテム欄はとってもすっきりして、町に戻る頻度も大幅減。
大きいアイテムほど容量を食う、という古臭いシステムも撤廃。
消耗品はポーションだけ。タウンポータルは1ボタンでいつでもどこでも可能。
鑑定は右クリックして少し待てばおk。鬱陶しい『アイニードキー!』も撤廃。



さてさて、プレーヤー毎のキャラ幅をきめる装備収集だが
これは、普通に敵を倒して拾うのももちろん、
クラフトでランダムな効果のものを作ったり、
作ったものをオークションで交換するのが主体になっていく。

Screenshot008.jpg

オークションは、全プレーヤーが共通の鯖上で参加できるもので
ゲーム内通貨での売買はもちろん、驚くべきことに
プレーヤー間でリアルマネーでの取引が可能になっている。
ブリがマージンを取る代わりに、公正な取引が出来るというわけだね。

さあ、きみもDiablo3でネオニートにクラスチェンジだ!


____________________

そんなこんなで今回のオープンβ、存分に楽しませてもらった。
ウーン、こうして振り返ってみると確かに
革新的な要素というのは無かったかもしれないが
(せいぜい公式RMTくらい)

だが逆にこれでいいんですよね。
どうしてゲームごときにストレスを感じなきゃならないんだぜ?
というブリの姿勢は見習うべきだとおもった。
一見ここまで複雑になりうるハクスラも
これだけ贅肉を落としてなお面白さは変えないでいられるのだ。

まだまだ深みを出せる余白もあるし
こりゃあ5/15の発売が楽しみだぜ!


ちなみに、diablo3買おうかな、と思うなら
Amazonなんかのパッケージ販売よりも
battle.netのアカウントでDL販売を利用したほうがかなり安いので
(前者が7000円くらい、後者は59.99ドル=5000円くらい)
そちらをお勧めする。↓
http://us.battle.net/en/ (英語)


英語にかんしては読めたに越したことはないが
進めるだけならほぼ必要ないし、雰囲気だけで十分おもしろいからね
それに、ゲーム内ではふつうに日本語でチャットできる模様。
なんならぼくが直々にcoopでレクチャーしたるぜ!!



そんなわけで、あばよ。




コメント

非公開コメント