スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Arcanum 攻略メモ的なやつ キャラクリエイト編

■ 概要

ものすごく私的な視点の解説。斜め読み推奨。

このゲームにおいて、はっきりいって主人公の戦闘力はほぼ空気。
followerをしっかり育成すれば、十分すぎるほど強くなる。
ただし自分の攻撃が成功したとき経験が入る(爆発物をあてる等も含む)ので、
レベリングのためには何かしら攻撃手段があるほうが楽。
特定のロールプレイをしたい、という人でない限り、目指すべきは
自分でいろんなものを作ったり、クエストに色々なアプローチができるキャラにしていくのがお勧め。

Magic寄りかTech寄りか、という悩みは、キャラ作成の時点ではどっちでもよい。
Magic寄りなら装備のエンチャントの効果を最大限に引き出すことが出来るが、
反面、銃器や機械類を操作するときCritical Missを起こす可能性がでてくる。
あとTech寄りだと、回復魔法や魔法由来の薬をレジストしてしまうという難点がある。

■ パラメータ

・Strength
武器は銃器も含めてSTを一定値要求され、
満たしていない場合うまく武器を扱えない。
STR1につきnoneペナルティのWeight制限を75Stoneずつ底上げできる。
重量制限を過度にオーバーすると、Speedにペナルティがあったり色々面倒くさい。
ST20でMeleeダメージ2倍という、脳筋の鑑みたいなボーナスがつく。

・Constitution
いらない。低すぎると気絶からなかなか覚めないなどの弊害があるので
8(FT回復量3)あたりが目安か

・Dexterity
最重要パラメータといっても過言ではない。
Speed、各種Skillの要求に必要。ブースト方法も多種存在。

・Beauty
いらない。ただしあまりに低いと、いちいち暴言を吐かれる。

・Intelligence
一見Techキャラなら必須に思えるが、実はあんまりいらない。
(Essence of Intellectで一時的に10もブーストできてしまうため)
会話の選択肢に影響が出るので10程度あると便利

・Perception
Firearmsを使わないなら、ほぼいらない気がする。
銃器はCombatに含まれず、比較的序盤から命中補正のついた優秀な武器が入手可能。
PE自体はまあまあブースト手段があるので無理やり取る必要はない。

・Willpower
魔法を一切使う気がないなら、まったく意味のないパラメータといってもいいが、
正直Teleportスペル(Conveyance分野の5)があるかないかで冒険のストレス度合いが桁違い。
底上げする方法も少ない。補正込みで18を目指したい。

・Charisma
Arcanumは仲間同士のからみが割と用意されており、
Followerが増えれば荷物運搬が楽になり、出来ることの幅も増える。
20まであげると、Alignmentの変動で仲間が勝手に抜けなくなるボーナス。
超重要。


■ Skill

戦闘系(Firearmsを含め)はどれか1種とDodgeもあると便利。
一切とらなくても、例えば火炎瓶を大量生産し、ノーコンでブン投げまくるような戦闘スタイルが可能。
Followerに戦闘を丸投げするのもOKだが、自分で攻撃しない分、経験値はもらえなくなる。

Persuationは必須。クエストに対して様々なアプローチが可能になる。
さらにExpertボーナスでFollower数+1される。
Pickpocketもたいへん優秀。強力な装備を手に入れたり、鍵やクエストアイテムを盗んだりできる。
もちろん犯罪なので、Alignmentは微弱ながら下がり、発覚した場合は相手と乱闘になる。
Picklockはあると便利だが、自分より高いスキルをもつFollowerが代理でやってくれたり
Alt+左Clickで扉や箱ごと鍵を破壊したり、魔法で代用できるので、そこまで必要というわけではない。
Heal Prowing DisarmTrap SpotTrap Backstab Repair
これらのスキルは特定のRP以外では完全に不要といってもいい。

それぞれのスキルのゲージをMax(ペナルティなしで5ポイント分)にすると、
Master(あるいはExpert)トレーナーに話すことで特定のクエストが発生する場合がある。
パンツ1丁で町を一周させられたり、専用のダンジョンが出現したり、
Fateポイントや強力な装備をもらえるものもある。


■ Technological Dicipline
ランクに応じたアイテムの設計が可能になる。
ただし、ランク4までのアイテムは特定のFollowerのレベルを上げることで作ってもらうことができるようになる。
何より、7ランクで作れる装備などは、かなりしょうもなかったりする。
中盤にはゴミ同然になるのがほとんど。しかも自分で作らずともプレイ中に手に入る……。
低レベルのDiciplineに関しては、割と序盤から仲間が作ってくれるし、
1ランク取るごとに5ポイントずつTechのAptitudeに傾倒するため、
キャラクタークリエイトの時点ではむやみに習得しないのを推奨する。
もしポイントを振る価値があるとすれば、TherapeuticsのDicipline。
これで得られるドーピングの数々は材料も入手が簡単な上に効果時間が長く、用途も様々。


■ Magic
魔法は非常にたくさんの種類があるが、好き嫌いやロールプレイ向けのものがほとんど。
大体の呪文は他のSkillなどで代用してしまえるところがあるからだ。
ここでは、その呪文でしかできない、という効果をもったものをピックアップして紹介する。

Unlock Cantrip(Conveyance2)
鍵開け呪文。視野に入ってる鍵なら、離れたところからでも開けれる。
Magic Aptitudeが高くないとぜんぜん役に立たなくなる。音がデカくて目立つ。

Teleport(Conveyance5)
とにかく移動に時間がかかるゲームなので、この呪文があるだけで非常にストレスを軽減できる。
取得のハードルはやや高い。一部のNPCがScrollを持っているのと、Magic Shopがごくまれに売ってる(高い)。

Agility of Fire (Fire1)
一時的にDexterityを上げることができる。
覚える仲間はたくさんいるけど、自分に使ってもらうことは(たぶん)できない。
まれにScrollが売っているので、ただSkill条件を満たしたいだけならそれで代用することも可能。

Disintegrate(Force5)
相手は死ぬ。
ドアとか箱も1発で粉砕する。
これとFatigue節約系ポーションでバランス崩壊級のブッ壊れキャラにはや代わりする。
ここにのせといてなんだが、あまりお勧めしない。

Conjure Spirit(Necromantic Black2)
死人と会話することが出来る。
殺人事件など、一部のクエストで面白いアプローチが出来る。


■ 性別
ステータス的にはほぼ関係ない。♂だとST、♀だとCNにボーナス、そして♀は選べる種族が少ない。
ただ、女の場合あまり考えずにクエスト進めてたらいきなりエロいことをさせられる事があるので
(たいていはGnomeの爺さんと……)
美形Harf-Elfの世間知らずなお嬢様プレイなんかしていると……。
むしろそういうプレイを歓迎する人なら略


■ 種族
Humanがなんだかんだで無難。
GnomeだとCN-2という割とどうでもいいペナルティでWP+2のボーナスがつくため優秀だが、
Combatスキル4種にペナルティがあってあがりにくい(Firearmsは問題ない)
ElfやDwarfはAptitudeが極端にMagicかTechに寄るので、プレイスタイルが限られてしまう。
Ogreはしらないが、Harf-Orcはすごい差別されるので社交性に致命的なペナルティを負いそう。

ちなみにGnomeでプレイしてたとき、とある人物を仲間にできないということがあったので、
(Followerではないが、その人物はGnomeが嫌いらしく、特定の選択肢が出なかった)
種族差においてそういったクエスト進行の差は、若干ながら用意されているようだ。


■ Background

種族や性別で選べるBackgroundは変わる。
ただし、選んだBackgroundで特別なクエストや選択肢が増えるということは(おそらく)ない。
そして、どのBackgroundもボーナス以上のペナルティがあるので、
自分が不要だと思う要素になるべくペナルティを偏らせるようなものを選ぶとよい。


■ 初期装備
特にいうことなし。
すごい余談だがWooden Ringはキャラ作成時の店でしか売ってないレアアイテム。

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。