Unity1WeekGameJam

というものに参加しました。

両手緊縛!! パン1天ぷらチャレンジ
samunemune.png

――――――――――――――――


晴れてUnityデビューを果たした。


クッッッッッッッッソきつかったゾーやめたくなりましたよー10000回くらい。

1週間でフルマラソン走り切るくらいの精神力は使った。


このUnity童貞卒業イベントについて一言で表すなら、

「入り口はガバユルのくせに、いざ中に突っ込んだらSAN値激減なトラウマ空間が広がっていた」

という感じ。以下★印間はひたすら愚痴


★★★
とにかくUnityはちょっと情報が古いとすぐエラーを山ほど吐くし、
頭の中で考えているゲームを実装するための仕様を組み立てるのに
100こくらいのサイトを付けたり消したりしながらひたすらスクリプトと格闘していた。

検索しても、ひっかかるのは何年も前の記事だったり、
JS使っててC#では使えない情報だったり、
アセット参考にしようにも無料のヤツはほとんど動かなかったり
(当然初心者のしかもプログラマですらない僕にその原因なんかわかるわけもない)
もうプログラマじゃない人間にとっては地獄。

しかもC#で調べたところで「このコマンドはUnityじゃ使えません」とかぬかしやがったときはWHAT??って感じでした
バージョンが0.1あがるだけでなぜか書き出したファイル数が増えるわ、
テキスト1つ表示するのすらなぜか画面サイズの10倍くらいにプレビュー表示されるわ、
同じこと(たとえばコマアニメ)さすのに3,4こ機能がついてて、しかもそれがそれぞれ使えたり使えなかったりする状況が別々にあるわ、
WebGLとか一見すごいようでいて書き出すのがひたすらにめんどいわ、
なんなんやこれ。
★★★


正直もう二度とUnityで作りたくないくらいの気持ちにはなった。
とりあえず完成したんだから結果オーライなんだけど。


先月のあほげーから1か月半

ずーーーっとゲームを作ってた。

ほんの少しでもゲームクリエイターっぽい脳みそになってきたかな、とか思ってたので、

今回は後退というか、打ちのめされた。

お前にはプログラム1人で組むなんてぜったい無理よと突き付けられた感じ。
僕が救いがたいほどバカすぎるのか。

コメント

非公開コメント